読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NVS SHOP 公式ブログ

X線CTの三次元画像で作ったリアルに中まで見える3D積層フィギュアのネットショップ

3D積層フィギュアを色々な方向から見てみる(ネジ)

3D積層フィギュア 立体模型 透明標本 むしシリーズ オカダンゴムシ ネジタイプ

こんにちは。ミケオです。

 このフィギュアを見た人からは、「レーザーで彫ったのですか?」「3Dプリンターで作ったんですか?」「ダンゴムシの標本?」とよくきかれます。

確かに、そう思いますよね。紫色のダンゴムシはミケオが知る限りいないと思うけれども、それくらいリアルに見えるフィギュアだということだね。うれしい反応。

でも、3D積層フィギュアはちょっと違います。

 今回は、商品名の「積層」が意味するところを、5つの方向からみた画像でお話しようと思います。

背中(表)

f:id:NVS:20160610124239p:plain

ダンゴムシの特徴であるドーム状の背中がよく見えます。

透けて見える赤みがかった陰はダンゴムシが食べたものらしいです。

腹(裏)

f:id:NVS:20160610124847p:plain

茶色に塗られた部分が脚です。7対生えていますね。もぞもぞ動かして地面を移動しているのでしょう。緑色に塗られた頭部には2本の触角がついています。

横(長辺)

f:id:NVS:20160610104434p:plain

横からダンゴムシを眺めるとこんなかんじ。

実は、このフィギュアは10枚のパネルを積層することで立体的に見えるように作っています。パネルには一枚ずつ異なるダンゴムシ断層画像がプリントされています。

断層画像とは、ダンゴムシX線CTスキャナで撮像して出来た輪切りの画像のことです。

頭部を上から(短辺)

f:id:NVS:20160610104417p:plain

頭部を上からのぞくとこんなかんじ。ここからもパネルが積層していることがわかると思います。パネルは等間隔に重ねて、2本のネジで固定しています。

最後に少し斜めから

f:id:NVS:20160426101816p:plain

いかがですか。

平面のパネルを積層しているとわかっていても、実物のダンゴムシが封入されているように見えませんか。この断層画像つきのパネルを積層して立体的に見せている特徴から取って、3D積層フィギュアと命名されました。

見る角度によって見える姿がかわる3D積層フィギュア、お手元で確かめてみてください。

ミケオ

次回は6/17更新予定